0%

お知らせ

お寺で希哲する(旧 お寺で哲学)

お寺で希哲する
(旧 お寺で哲学)

2015年、東京都港区龍源寺さんから始まりました「お寺で哲学」教室。まったく前例のないところから始めているので、教室の名前も内容もどんどん改善されてきました。
*「活かす哲学」→「お寺で哲学」→「お寺で希哲する」→「遊哲会」
「てらてつ」と略してください。
智慧の宝庫、日本昔話をテキストに、哲学ダイアローグをします。
この教室ではさまざまな力が養われます。

想像力

寓話や日本昔話の主人公の立場になることで、想像力が養われます。

受容力

さまざまな立場の参加者が来られますので、多様なものを受容する力が養われます。

判断力

教室で投げかけられる問題は人生につながります。ここに正解はありません。正解のない問題に自ら判断していく力が養われます。

物語力

授業の最後に作文の時間があります。和尚の法話や哲学対話を振り返り、整理し、人生の足跡と照らし合わしながらアウトプットしましょう。

参加者の声

「たくさんの気付きがありました。哲学とは身近なものになるのですね」
「教室でもらったテーマの話し合いが食卓まで続きます。テレビを見るだけの食事の風景が一変しました」
「普段より話したいことがいろいろ頭に浮かんできて、最後は頭がスッキリしていました」
「普段より話したいことがいろいろ頭に浮かんできて、最後は頭がスッキリしていました」
「数多くのワークショップに参加してきましたが、作文を提出させるものは初めてで、新鮮でした」
「脳内のストレッチをさせていただきました。楽しかったです」
「参加する度に、同座させていただいた、経験豊かな大人の方ははもちろん、濁りなき眼の小さな哲学人の、ハッとするようなコメントに、驚きながら、気づきをいただきます」

参加者の声

「たくさんの気付きがありました。哲学とは身近なものになるのですね」
「教室でもらったテーマの話し合いが食卓まで続きます。テレビを見るだけの食事の風景が一変しました」

「普段より話したいことがいろいろ頭に浮かんできて、最後は頭がスッキリしていました」

「普段より話したいことがいろいろ頭に浮かんできて、最後は頭がスッキリしていました」
「数多くのワークショップに参加してきましたが、作文を提出させるものは初めてで、新鮮でした」
「脳内のストレッチをさせていただきました。楽しかったです」
「参加する度に、同座させていただいた、経験豊かな大人の方ははもちろん、濁りなき眼の小さな哲学人の、ハッとするようなコメントに、驚きながら、気づきをいただきます」

龍源寺

龍源寺現住職は松原信樹和尚です。
御祖父、御尊父とも昭和の名僧でいらっしゃいます。
松原泰道和尚、松原哲明和尚です。

松原泰道和尚
著作紹介

『松原泰道全集』
『人生を癒す百歳の禅語』
『禅語百選』
『日本人への遺言』
その他…

松原哲明和尚
著作紹介

『延命十句観音経を読む』
『新訳般若心経』
『図説 あらすじで読む禅の教え』
その他…

松原信樹和尚
著作紹介

『やさしい禅の教科書』
『つながる仏教』
『知識ゼロからの写経入門』
その他…
Contact

お申込みはこちら

てらてつへのお申込はこちらからお願いいたします。
てらてつへのお申込は
こちらからお願いいたします。