Read Article

作文堂

 

作文が苦手な子へ

 

作文が苦手だって?

でもそれは、君に才能がないわけではない。

むしろ、君には才能がある、と断言しよう。

なぜか?

言葉に敏感なほど、表現されたことと表現されるものの「隔たり」にも敏感だ。

しかも、学校で評価される作文の多くは、ステレオタイプだ。

そして……!その続きは「作文堂」にある。

作文が得意な子へ

 

作文が得意だって?

善き哉!

君は素晴らしい環境で学んでいるようだ

だが、「得意」には二種類ある。

それは……。その続きは「作文堂」にある。


勉強の本質は対話にある

 

敢えて言おう

受験内容の変化なんかに惑わされるな

それは流行の側面であり、学びの本質は不変だ。

その本質は、「対話」にある。

作文堂での対話、僕との対話、生徒同士の対話、大人との対話を通して、君の思考力表現力作文力はどんどん磨かれていくだろう。

結果を焦らないでほしい。

しかし、必ず結果は付いてくる!

中学受験だろうが、高校受験だろうが、大学受験だろうが、「作文堂」で学んだ子供たちに「失敗」は、これまでもなかったし、これからもないだろう。

作文堂では、大竹稽が直接手解きする。

作文について著書は多数。そのため、作文の授業を依頼されて出張ることも多くある。

しかしこちらは本堂。

君たちの参加を待っている。

ご参加のお申し込みはこちら

Return Top